禁煙できずついついタバコを吸っちゃう男性

やっぱり禁煙したいって気持ちはあるんですよね。わかります。でも実際に辞めるとなると、これができないんですよね。だってほら、また無意識にタバコを手に取ってるんだもの。でもこのままでいいのかって聞かれるとそうではなくて…もう誰か俺を助けてくれ。

1日目以降に現れる禁煙による神経作用とは

思ってもなかなか止めることができないものの1つにタバコがありますが、ニコチン依存から脱するまでには神経に作用する症状が現れることも多くあります。禁煙は、個人によっても異なりますが、中には時間をかけることなく成功したり、反面、なかなか止めることができずに一度中断できたとしてもまた吸い始めてしまう人など様々です。
禁煙では、まず、1日目の症状としては発生頻度は低いものの頭痛やめまいを覚える場合があります。次に、2~3日には喫煙への欲求が高まります。禁煙では、ここでの期間の発症率が非常に高く、この場合にはニコチン依存との闘いとなります。原因としては、これまでの喫煙による脳への影響があり、脳神経細胞はどうしても日常的に摂取をしていたニコチンを受け入れる仕組みをすぐには治すことができずに、ニコチンを催促することになります。その催促のシグナルの1つとして、イライラや集中力の低下、また、不安感などの離脱症状を引き起こすことになります。特に、ヘビースモーカーなどでニコチン依存が高い場合には、人によっては不眠や幻覚などの重い禁断症状を表すこともあります。また、ニコチンが作用することで出されていたアセチルコリンという神経伝達物質が途絶える事で副交感神経が働くなくなり、自律神経失調症に近い状態に陥ることもあり、ここでは、めまいや発汗、だるさや血圧の乱交下、頭痛や情緒不安的などの症状となこともあります。対処法としては、禁煙時にイライラを感じた場合には甘いものを口にしたり、深呼吸をしてリラックスをしたり、また、ガムをかんだりといった方法があり、気分を変えることに効果があります。禁煙補助薬を使うことも1つの方法となりますが、日常生活に大きく影響するような場合には病院で診察を受け、対処をする必要があります。